So-net無料ブログ作成
検索選択

父が退院しました [家族]


image-20140212164030.png

膝の手術を受けた父が先日退院しまして、その後のフォローをすべく実家に帰省してました。

と言っても、退院する頃には父の手術の傷もかなり良くなってきていたので、やることは通常の帰省時とそう変わらないんですが。

電話で「入院前よりも調子が良い」とは聞いていたんだけど、実際膝をかばうでもなくスタスタ歩く父を見るのは久しぶりで嬉しくなりました。

ただ、その後買い物のためにと訪れた大型スーパーで、歩きすぎのため両足筋肉痛になったそうですが…。

無理しないで座ってていいよ〜って言ったんだけど、大丈夫だっていうのでついそのまま聞いてたら…大丈夫でなかったー!ヽ(;▽;)ノ

頑張り屋さんなのは娘であるからよーく知ってるけども、何事もほどほどにしてねー、お父上さまσ(^_^;)


実家では2匹の猫が父の帰りを今か今かと待ちわびていた…わけはなく。やはり犬のような直接的な喜び方はしませんので(^^;;

でも、帰って顔を見てすぐのリアクションはなくとも、2匹ともじわじわと父にしかしない甘え方を見せていたので、やはり特別なんだなあと思った次第。

私や叔父叔母の膝には乗ろうともしないけど、2匹とも父の膝には乗るんですよね。こればかりはかなわないなあ。

まあ、なんだかんだドキドキしたりもしましたが、父が無事帰って来れて一安心。
私も今日からまた札幌へ戻ります。

また明日から、父からのモーニングコール開始です(^O^)

貼り付けた写真は、家の前の畑の上にぽっかりと出た月…のはずだけど、どうかなー?

父の退院が決定 [家族]

写真.jpg

タイトルどおりではありますが、先日膝の手術をした父の退院が決まりました。

手術後の経過はすこぶる良いと聞いていたので、本当のところ、もっと早く退院できるのでは?と、父本人も周りも思っていたのですが。

やはり手術後の執刀医から言われていたように、皮膚の弱さがネックになったようで、傷の治りが通常よりも遅くなり、退院も当初の予定より一週間ほど延びました。

で、明後日の朝に退院決定です。

あと2日我慢すればいいだけだあ〜とはいえ、父本人には一日千秋の思いだったようで、退院していいと言われた途端に速攻帰宅を決めたようです。

そして私もバタバタと帰省のための支度中。そろそろ退院だろうと思ってはいたものの、4〜5日は猶予があると思っていたので、大急ぎでいろいろ片付けてます。ふはー(^^;;

ところでこのブログ、iPhone専用のアプリがあることを知って初めて使ってみたんだけど、きちんと更新できるだろうか。

これでうまく行くのなら、もっと頻繁に更新できそうなんだけど。どうかな〜(^^;;





…と試してみたら、うわーびっくり!
文章は良いんだけど、添付した写真が違う〜!!

写真アプリの中にあった、選択とは全く違う写真をアップされてしまいました。これは怖い!
ソネットさん、iPhoneのアプリ怖くて使えないよ〜(@_@;)

手術の後、経過良好です。 [家族]

2.jpg
実家に寄った時の写真

私の膝に前足をかけて「俺をなでなさい」と主張してたチッコ。
父が留守のため、こいつでもいいかあと判断したようです。
絶対に抱っこはさせないんだけどね。


手術の前段階のことを書いた後、なかなか日記を書けずにいましたが、
おかげさまで、あれから父の膝の手術は滞りなく済みまして
現在はリハビリと手術の傷の回復のため入院中です。

肝心の膝関節の方は、手術前よりも格段に具合が良いそうで
父も「いやあ手術して良かったなあ」と、ほくほく。

ただ、年齢の割に皮膚が弱いと言われたそうで
そのせいで手術後の傷の治りも遅いのだとか。

ちょっと思い当たるのは「太るからなあ」と
あまり肉や牛乳などの動物性タンパク質や油分を摂りたがらないこと。
そのくせ甘い物には目がないので、お菓子を食べちゃうんですね。

私自身、お菓子大好きなので、人のことは全く言えないんですが
父が退院したら、リハビリの手伝いを兼ねてまた実家へ行く予定なので
父の食生活についても、少し勉強しておかなくては〜と思っています。

ともあれ今の父は、ある意味ここ数年で一番安心な場所
(何かあっても対応してくれるし!)にいるわけで。
私の気持ちとしてはここ数年のなかで一番ホッとできているかもです。

心配なのは…父が留守の間の猫たちかなあ。

4.jpg
ストーブをつけたら陣取る猫たち。
ちっこは良い場所を譲らないなあ(苦笑

6.jpg
基本、父以外にはべったりとは懐かないげんこが
私が2泊して札幌に戻る〜というタイミングで
こんな感じに懐いてきてた。

もうちょっと早くに懐いてくれてたら
存分になでたのになあ(^◇^;)


5.jpg
この2匹については、父が留守の間、
隣町に住む叔母夫婦がご飯とトイレの世話に加え、
毎日通ってストーブをつけてくれています。

実家は床暖完備なので、ストーブをつけずとも
震え上がるような寒さにはならないんですが
2匹ともに15歳を超えた老描なので気遣ってもらっています。

ありがたや(^○^)

1.jpg
俺はストーブを愛しておるのにゃ!


3.jpg
「ぼ、僕もいいですか?」
「仕方ないにゃー」
…て感じに見えた^_^;

まあ、なんとか仲良く留守番頼むぞう(^^)
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。