So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

お見舞い返し [家族]

iphone/image-20140217212131.png
父が病院から退院、帰宅した後のげんこ君。
のびのーび。

私が父の留守に実家へ行った時には
(物怖じしないちっこはともかく)
げんこはこんな風にはくつろがなかったんだよなあ。

猫は伸び具合で気持ちが分かりますね。


さて、退院してからはや2週間以上経ちましたが、
未だに父の足の手術跡はふさがらないそうで。

本当にほんのちょっとの傷口だけなんだけど、
そこがどうにもいつまでも治らないんですね。

「まあ気長に…」と言いつつ、父本人もこの状態に飽きたようで、
昨日はとうとうお風呂に浸かったそうな。
※それまではシャワーを浴びるだけで我慢していたのです。

傷口を湯に浸けないように気をつけながらの風呂は
「入りづらかったけど、それでも気持ちよかったぞ〜」だそうな。

そして「足がしっかり治ったら…」の予定だったけど
もういいや!と、お見舞い返しを配ってきたそうな。
ご近所さん含め皆さんから頂いたお見舞い21人分。
けっこうな数です。

そろそろ農協などに出入りしていると、
お見舞いを持ってきた人達とも何度も顔を合わせるので、
変に遅いタイミングになるのもなんだしな〜と。

しかし、そのうちのあるお宅へ伺いお見舞いを渡すと
「まあまあまあ…あ、ちょうど良かった!これ持ってって!」と。
そこのお宅の奥さんから、また沢山のお土産を持たされてしまったああ(^^ゞ…と父。

持ってった物より持ち帰る方が多いんだもんよ〜、参ったなあ〜(^^ゞ…と苦笑い。
まあ、あまり参った風にも聞こえませんのがの(^_^;)

まあ傷口の心配は少々あれど、
普段の父の暮らしにどんどん戻っておるようです(^^)

病院探しは大変です [家族]

iphone/image-20140217212058.png
父の足もとでじーっと見上げるちっこくん。
今日は猫缶もらえないかな〜と、父の顔を伺っています。

父が膝の手術で入院している間、叔母夫婦が猫たちの面倒を見てくれていたのですが。
父が1週間に1度しかあげていなかった猫缶を、叔母夫婦は毎日あげていたそうで。
猫缶はたっぷり買いだめしてあったので、猫たちにとってはそりゃあもうパラダイスであったようです。

猫缶パラダイスか…(^-^)

でもそのおかげで、寒い時期になってから痩せてきていた猫たちが、
なんとなく丸くなってきていました。

もう歳だから痩せてきたのだろうなあ…と思っていたけど、
じつは美味しいものを食べたかったのかしら(^_^;

父も「しかたない。猫缶やる回数増やすか…」と言っていたので
毎日は無理でも、2日に一回くらいの猫缶パラダイスになりそうです。


さて、今朝の十勝は風が強いものの天気は良かったそう。

昨夜、しばらく会っていなかった伯母(父から見ると義姉)から電話があったそうで
何かと思えば「膝の手術の経過はどうか」ということらしく。

初めは、お見舞いの電話かな?と父も思ったそうですが、そればかりではないようで。

じつは伯母もここ数年足を痛めていたのだけれど、良い病院を探しあぐねており。
そんななか、昨年には旦那様が腰を痛めて近くの病院へ入院したものの、あまり経過が良くないのだとか。

「だからよ、俺の状態を聞いて病院教えてほしいって言うからよ。あそこなら良い感じだしと思って、教えてあげたんだあ」と父。

相性もあるとは思うけど、ホントに良い病院を探すのは大変だから、教えてあげられて良かったなあと。
父の場合も、ホント運が良かったんだなあと思いますもんね。

かなり回復 [家族]

image-20140217212017.png
父の足下に座り込むげんこ。
ちっこが「俺を抱っこしなさい」と父に迫っている間、なんとなーくを装いつつそばで見ているという…。このツンデレ猫がっっ(笑

さて、全国的に大雪が降りましたね。山梨をはじめとする本州各地で雪害が報告され、札幌でも昨日から吹雪が続いていますが、実家のある十勝でも一晩で50㎝近くの雪が降ったそうです。

北海道ではこの時期の大雪はそう珍しい事ではないんだけれど、全国的にとなると話は別です。
最近の天気は…という言葉を何度言ったかもう覚えていませんが、本当に変な天候が続きますね。

ともあれ、父が退院してから初めての本格的な降雪。
毎度実家の除雪は、父が古いトラクターを使って行っているのですが、古い機種のため乗り降りがしづらく、膝を痛めてからは毎度難儀していたそうです。
しかし、今回は「さすがにスルスルとはいかないけれども、前より楽にできた」とのこと。
それとともに、トラクターの運転も問題なく行えているとのこと。

「うん、だから心配いらないからな〜」と父。

実はまだ手術後の傷口がふざがりきっていないため、また来月には病院へ行かねばならないそうですが。それでも日々少しずつ良くなっている様子を電話で聞くのはうれしい限りです。

父が退院しました [家族]


image-20140212164030.png

膝の手術を受けた父が先日退院しまして、その後のフォローをすべく実家に帰省してました。

と言っても、退院する頃には父の手術の傷もかなり良くなってきていたので、やることは通常の帰省時とそう変わらないんですが。

電話で「入院前よりも調子が良い」とは聞いていたんだけど、実際膝をかばうでもなくスタスタ歩く父を見るのは久しぶりで嬉しくなりました。

ただ、その後買い物のためにと訪れた大型スーパーで、歩きすぎのため両足筋肉痛になったそうですが…。

無理しないで座ってていいよ〜って言ったんだけど、大丈夫だっていうのでついそのまま聞いてたら…大丈夫でなかったー!ヽ(;▽;)ノ

頑張り屋さんなのは娘であるからよーく知ってるけども、何事もほどほどにしてねー、お父上さまσ(^_^;)


実家では2匹の猫が父の帰りを今か今かと待ちわびていた…わけはなく。やはり犬のような直接的な喜び方はしませんので(^^;;

でも、帰って顔を見てすぐのリアクションはなくとも、2匹ともじわじわと父にしかしない甘え方を見せていたので、やはり特別なんだなあと思った次第。

私や叔父叔母の膝には乗ろうともしないけど、2匹とも父の膝には乗るんですよね。こればかりはかなわないなあ。

まあ、なんだかんだドキドキしたりもしましたが、父が無事帰って来れて一安心。
私も今日からまた札幌へ戻ります。

また明日から、父からのモーニングコール開始です(^O^)

貼り付けた写真は、家の前の畑の上にぽっかりと出た月…のはずだけど、どうかなー?

父の退院が決定 [家族]

写真.jpg

タイトルどおりではありますが、先日膝の手術をした父の退院が決まりました。

手術後の経過はすこぶる良いと聞いていたので、本当のところ、もっと早く退院できるのでは?と、父本人も周りも思っていたのですが。

やはり手術後の執刀医から言われていたように、皮膚の弱さがネックになったようで、傷の治りが通常よりも遅くなり、退院も当初の予定より一週間ほど延びました。

で、明後日の朝に退院決定です。

あと2日我慢すればいいだけだあ〜とはいえ、父本人には一日千秋の思いだったようで、退院していいと言われた途端に速攻帰宅を決めたようです。

そして私もバタバタと帰省のための支度中。そろそろ退院だろうと思ってはいたものの、4〜5日は猶予があると思っていたので、大急ぎでいろいろ片付けてます。ふはー(^^;;

ところでこのブログ、iPhone専用のアプリがあることを知って初めて使ってみたんだけど、きちんと更新できるだろうか。

これでうまく行くのなら、もっと頻繁に更新できそうなんだけど。どうかな〜(^^;;





…と試してみたら、うわーびっくり!
文章は良いんだけど、添付した写真が違う〜!!

写真アプリの中にあった、選択とは全く違う写真をアップされてしまいました。これは怖い!
ソネットさん、iPhoneのアプリ怖くて使えないよ〜(@_@;)
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。