So-net無料ブログ作成
検索選択

手術の後、経過良好です。 [家族]

2.jpg
実家に寄った時の写真

私の膝に前足をかけて「俺をなでなさい」と主張してたチッコ。
父が留守のため、こいつでもいいかあと判断したようです。
絶対に抱っこはさせないんだけどね。


手術の前段階のことを書いた後、なかなか日記を書けずにいましたが、
おかげさまで、あれから父の膝の手術は滞りなく済みまして
現在はリハビリと手術の傷の回復のため入院中です。

肝心の膝関節の方は、手術前よりも格段に具合が良いそうで
父も「いやあ手術して良かったなあ」と、ほくほく。

ただ、年齢の割に皮膚が弱いと言われたそうで
そのせいで手術後の傷の治りも遅いのだとか。

ちょっと思い当たるのは「太るからなあ」と
あまり肉や牛乳などの動物性タンパク質や油分を摂りたがらないこと。
そのくせ甘い物には目がないので、お菓子を食べちゃうんですね。

私自身、お菓子大好きなので、人のことは全く言えないんですが
父が退院したら、リハビリの手伝いを兼ねてまた実家へ行く予定なので
父の食生活についても、少し勉強しておかなくては〜と思っています。

ともあれ今の父は、ある意味ここ数年で一番安心な場所
(何かあっても対応してくれるし!)にいるわけで。
私の気持ちとしてはここ数年のなかで一番ホッとできているかもです。

心配なのは…父が留守の間の猫たちかなあ。

4.jpg
ストーブをつけたら陣取る猫たち。
ちっこは良い場所を譲らないなあ(苦笑

6.jpg
基本、父以外にはべったりとは懐かないげんこが
私が2泊して札幌に戻る〜というタイミングで
こんな感じに懐いてきてた。

もうちょっと早くに懐いてくれてたら
存分になでたのになあ(^◇^;)


5.jpg
この2匹については、父が留守の間、
隣町に住む叔母夫婦がご飯とトイレの世話に加え、
毎日通ってストーブをつけてくれています。

実家は床暖完備なので、ストーブをつけずとも
震え上がるような寒さにはならないんですが
2匹ともに15歳を超えた老描なので気遣ってもらっています。

ありがたや(^○^)

1.jpg
俺はストーブを愛しておるのにゃ!


3.jpg
「ぼ、僕もいいですか?」
「仕方ないにゃー」
…て感じに見えた^_^;

まあ、なんとか仲良く留守番頼むぞう(^^)
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 2

よいこ

ニャンズは顔立ちがまだ若いですね
大切にされてきたのでしょう ^^
by よいこ (2014-01-29 09:43) 

mihocooo

よいこさん
コメントありがとうございます(^^)
まだ若猫の頃に腎臓が弱いと言われて、栄養価の高いフードをあげているからかもです。父は「こいつら俺より高価な飯食ってる^_^;」って苦笑してます〜。
by mihocooo (2014-01-29 21:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。